ビルドマッスルHMBで太りにくい体質の人のための筋トレ方法の効果アップ

ビルドマッスルHMBで太りにくい体質に

ビルドマッスルHMBで筋トレの効果はアップさせることが可能になります。ひとくちに筋トレと言っても、どのくらい筋肉をつけたいか、現在はどのような体型なのか、そしてどのような体型になりたいか等によってそのやり方は変わってきます。
今回は、やせ型の方が、ボディビルダーのようなムキムキの筋肉ではなく、水泳体型のような、いわゆる細マッチョを目指したい人向けに筋トレの仕方と食事の摂り方をご紹介します。
まず、基本的なこととして、太りにくい体質のやせている人が、ただやみくもに筋トレをしてもなかなか筋肉はつきません。まずは食事を大量に摂り、太ることから始めます。私は慎重170センチで体重が51キロしかないひょろひょろ体型でした。プロのトレーナーさんから、一日六回食事を摂るように言われました。特に動物性たんぱく質をたくさん摂るように指導されました。よく言われることですが、鳥のササミ肉がベストです。毎回ササミを食べる必要はありませんが、お肉は食べれるだけ食べると良いです。
とにかく常に何かを食べているという感じで、こまめにちょこちょこ食事をします。太る用のプロテインを併用すると効果は抜群です。今のプロテインは味もたいへんおいしくなっているので、おやつ感覚で飲めます。
一か月もすればある程度肉がついてきます。そしたらいよいよ筋トレに入ります。筋トレ習慣のない人がいきなりキツイ筋トレをしても、つらくて続かないでしょう。まずは身体を慣らす意味も含めて、軽い筋トレをします。腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワット、カーフレイズをそれぞれ20回ワンセットで良いです。最初は筋肉痛になるでしょう。その時は無理せず休みます。一度筋肉痛が収まれば、このくらいの筋トレではまた筋肉痛になることは稀ですので、毎日、きつければ一日おきに筋トレをします。もちろん食事もプロテインも今まで通り続けます。
更に一か月くらいすると、この筋トレでは物足りなくなります。そこで器具を買います。腹筋ローラーと10キロのダンベルを2つだけで良いです。余裕のある方は懸垂のできるぶら下がり健康器も併せて買うと良いでしょう。
腹筋ローラーはかなりきついので、最初はひざをついた状態で使います。腰を痛めないように、絶対に背中をそらせないでください。ダンベルは立った状態で上に上げることで肩を、仰向けに寝て上に上げることで胸を、引き上げるようにしてい使うことで腕と背筋を鍛えられます。持ったままスクワットとカーフレイズをすると負荷がかかって効果が上がります。これを一日2セット、週2~3回行います。
これだけちゃんとやれば、どんなに太りにくい体質の人でも間違いなく細マッチョになれます。だからこそビルドマッスルHMBが効果的なのです。
キツイのは最初だけです。ぜひ筋トレを習慣化して、かっこいい身体になりましょう!

wholesale nfl jerseys cheap nba jerseys wholesale nba jerseys

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です