腹筋が割れている筋肉を大きくするにはビルドマッスルHMB

腹筋が割れている状態にするにはビルドマッスルHMB

基本的に筋肉を大きくするにはトレーニングと栄養が大切です。
トレーニングでは筋肉を傷めないといけないことになります。
傷めるので少しでもやり方を間違えるとケガになり取り返しのつかないようなことになる可能性もあります。
痛める方法として、ネガティブ法というのがあり、これは筋肉を耐える力で筋力を発揮し痛めるという方法です。
痛めた筋肉は「超回復」によって、改善します。
その「超回復」を起こすためには、「栄養」と「休養」が必要になります。
「栄養」はバランスよく取るのとほんの多くタンパク質を取ることをすると筋肉はタンパク質を吸収して大きくなります。また、簡単に考えて説明すると筋肉には鍵穴があると考えてもらって、そのカギを開けないと筋肉の中には栄養が入りません。その鍵の役目をするのがビタミンやミネラルです。要はバランスよく食事しないと筋肉は大きくできないという事です。それにはやはりビルドマッスルHMBなのです。
その「栄養」は「休養」している時に吸収します。身体が起きている(目が覚めている)とまだトレーにング中と身体は勘違いをしてしまいます。なので、「栄養」が身体に吸収されません。
なので、「運動(トレー二ング)」、「栄養」、「休養」のバランスを考えると「筋肉は大きく」なります。

腹筋が割れている、という響きは男心をくすぐります。最近でこそ、色々なトレーニング方法が話題になり、成功例と共にかっこいいマッチョな男性の姿をメディアでこぞって取り上げるようになりました。しかし、かつてはマッチョというと、まるでボディビルダーのような筋骨隆々というイメージを、少なくとも私は持っていました。

学生時代、ある球技に打ち込んでいた私は、毎日のように筋トレを行っていました。とてもオーソドックスなメニューです。腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワット、それぞれ何回かける何セットという、あれです。若かったこともあり、一生懸命にこなしていたのを覚えています。しかし、不思議なことに、腹筋がしっかり割れている、という状態には至りませんでした。

社会人になって、一度筋トレに燃えた時期がありました。お金をかけてプログラムを組み立ててもらうプロフェッショナルなコースを利用する余裕がなかったので、昔の記憶を便りに、かつて学生時代に行っていたメニューの最挑戦を試みたのです。年はとっていましたがまだ20代でしたし、しばらくするとまたかつてのように回数をこなせるようになりました。しかしやはり、なかなか思ったような筋肉が表面から観察できるほどにはいかず、きっと自分には無理だろう、と思い込んでいました。

そして、時間は流れ、メタボ体型も一時期経験することになりました。また時がたち、いよいよアラフォーとなったある日のこと。書物から、ある筋トレの方法を知ったのです。もう、昔のように腕立てや腹筋をやるのは正直億劫だなあと感じていた私にとって、耳よりな方法でした。なんと、一日5分もかからずにできるのです。それは、アイソメトリッック法と呼ばれるようでした。

筋肉は、最大負荷の80パーセントだったか90パーセントだったか100パーセントだったかを、たった5秒ほど、毎日かけ続けることで、成長を続けるという方法でした。たとえば、分かりやすくいうと、思いっきり腹に力を入れて顔が真っ赤になる程度までやり、5秒ほどそれを行い力を抜く、ということを続けるのです。著者は自ら実践して腹筋が割れているというように記述してあったので、だめもとで、と思いつつ、期待もして始めました。pantai indrayanti

そして、3ヶ月ほどたったある日。久々に自分の腹筋が少し割れ目を作っていることに気づいて、正直驚きました。そして6ヶ月。さらに確かになりました。
こんな方法があるなんて!と目から鱗で、知人にも紹介したほどです。
初めて聞く方は、ぜひ、ご自分でさらにお調べになり、実践されることを、強くおすすめいたします。

wholesale nfl jerseys cheap nfl jerseys wholesale nba jerseys

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です